代表のひとりごと 一年がたって

更新日:9月13日

2022/9/9


代表のよしだです。毎日が本当に忙しくて、ブログを書く余裕がなく過ぎていって、なんとなく思ったことを書きたいと思いつつ、今日になりました。



ねこしあぎふを発足して7月で一年が経ちました。



去年は子猫だけで40匹くらい譲渡しましたが、今年は4月から8月末までで、すでに、なんと76匹の譲渡(予定も含む)をしてきています。



自分たちでも驚くくらい多くの猫たちと関わってきました。一匹でも子猫を殺処分にしたくない、野良猫にしたくない思いから、私たちスタッフたち、預かりボランティアさんたちがほんとに頑張ってきました。



現在まだ約20匹の仔猫たちが里親さんを探しています。よって新たな引き取りの保護を停止しています。



今も相談を次々と一日一件くらい受けるのですが、子猫を保護してほしいという依頼が多いです。現在保護は停止中。成猫はシェルターのないうちでは保護できないのです。子猫は預りボランティアさんたちが頑張ってくれています。



子猫は小さいうち出来るだけ早く連絡ください。保護して人馴れさせるのは、簡単では無いのです。子猫たちは2ヶ月もするとだんだん人に慣れなくなっていきます。捕獲はできても人馴れに時間がかかります。数週間たってやっと人馴れして里親探しと譲渡もあります。



見つけた子猫をどうするかですが、私たちが疲弊しパンクするのを防ぐため、保護主さんに一時保護をお願いし、我々が里親募集をかける方式に切り替えています。



保護希望の方には、費用も負担していただく分もあります。少しづついろんな関係者たちからいただき、費用負担を共有してもらっっています。これも立派なボランティアです。



また譲渡の際に生育協力金をいただくことで、猫たちのフードや病院への交通費や備品に充てさせていただいてます。



私たちは、活動費を自分たちでつくりたい=「自走型経営」をしたいという思いがあります。



今は活動費とご寄付で賄っています。個人のご寄付、企業からのご寄付、個人では、アマゾンの支援プログラムに登録してからというもの、アマゾンご支援をちょこちょこいただきます。



ほしいものリストに必要なものを入れておいて、それを寄付していただく形です。



本当に助かっています。少しだけでも、ほんとにありがたいのです。




また「猫助け 究極の焼き海苔」もコンスタントに売れています。こちらは関東の方からの購入が断然多い。



猫を助けるためという意味もありますが、ほんとの海苔好きやグルメな方に満足していただけるこだわりの商品です!(宣伝になってしまった)味がわかる人は、ほんとに褒めてくださります。



私の海苔好きが高じて、猫助け海苔を扱ってます。こちらも売り上げはすべて猫のフードや活動費になります。



実は先週新たな商品「味付け海苔」を取り扱い検討すべく、中村力男さんに連絡し、サンプルを購入しました。



以前現地で購入し食べたのですが、それはそれは美味しい海苔で、あっという間に完食してしまいました。味付け海苔は、いろいろ試食しましたが、スーパーの高めのものだと「味つけは美味しい、しかし海苔がいまいち・・」というものが多い。その点、これは「味もおいしい。海苔が断然美味しい」です。



とりあえず焼海苔だけの取扱でしたが、味付け海苔も要望があればやろうかなって思いますが、どうなんでしょうか。ご意見があればメールやコメントなどで教えてください。


ついつい海苔に話がそれましたが、猫助け活動を応援をこれからもよろしくお願いします!



やっと猛暑が終盤で、過ごしやすい時期が来ます。


どうか外の猫たちも見守ってやってください。




写真は最近関わった猫たちです。皆ほんとにかわいいです!



閲覧数:38回0件のコメント